行政書士 資格試験

.
 行政書士

 資格難易度 4

 取得期間 1〜2年

 コスト 約20万円


 [資格試験情報]

   資格区分・・・国家資格

   受験資格・・・制限なし

   試験科目・・・[行政書士の業務に必要な法令] 


  以下の中からそれぞれ出題される/40問(択一式・記述式)

  行政書士法(行政書士法施行規則を含む)、憲法、
  民法、行政法、地方自治法、行政手続法、行政不服審査法、
  戸籍法、住民基本台帳法、労働法、商法、税法、基礎法学

  [一般教養] 20問(択一式)

  試験時期・・・例年10月第4日曜日に実施。
           願書受付は8月ごろ。

社会保険労務士 資格試験

.
 社会保険労務士

 資格難易度 5

 取得期間 1〜3年

 コスト 20〜30万円


 [資格試験情報]

  資格区分・・・国家資格

  受験資格・・・

  ・学校教育法における大学において、学士の称号を得る
   のに必要な一般教養科目を履修した者、または同法に
   よる短期大学もしくは高等専門学校を卒業した者。

  ・旧高等学校高等科、旧大学予科または旧専門学校を卒業、
   または修了した者。

  ・司法試験第1次試験または高等試験予備試験の合格者。

  ・労働社会保険諸法令に基づいて設立された法人の役員、
   または従業者として、同法令の実施実務に通算3年以上
   従事した者。

  ・国または地方公共団体の公務員として行政事務に
   従事した期間が通算5年以上になる者。

  ・行政書士となる資格のある者。

  ・社会保険労務士、または弁護士の補助の事務に
   通算3年以上従事した者。

  ・労働組合の専従役員または、会社その他の
   法人労務担当役員として3年以上従事した者。

  ・労働組合または会社などで、労働社会保険諸法令に
   関する事務に通算3年以上従事した者。

  ・上記の者と同等以上の能力があると主務大臣が認めた者。


  試験科目・・・労働関係科目: 

   労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、
   雇用保険法、労働保険の保険料の徴収等に関する法律

         社会保険科目関連: 

   健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、
   労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般知識


  試験時期・・・例年8月最終日曜日。

ビジネス実務法務検定試験 資格試験

.
ビジネス実務法務検定試験

 資格難易度 2

 取得期間 3ヶ月以上

 コスト  5万円〜


 [資格試験情報]

  資格区分・・・公的資格

  受験資格・・・[3・2級]制限なし

          [1級]2級合格者

  試験時期・・・[3・2級]7月、12月

          [1級]12月


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。